「MotoGP」出店&体験レポート

先日お知らせしましたとおり、先週末はツインリンクもてぎにて「MotoGP 第15戦 MOTUL日本グランプリ」に出店してまいりました!

 

 

あいにくの雨模様…。
気温も上がらず肌寒い幕開けとなりましたが、ACE CAFEブースは屋内のため暖房完備に加え、みなさんご存知、蔦屋書店さんも出店というホットな内容でオープン!

 

 

 

 

ひと息つける休憩スペースもご用意しました。
蔦屋書店さんの本をこちらでお読みになるお客様や、歩き疲れてぐったりする人(笑)、「ぼくはレースには興味がないので」と、お父さんとは別行動で一人ゲームに没頭する少年(!)など、入れ替わり立ち代わりな人間模様も楽しい一角。

 

 

 

フォーミュラドライバーを夢見るバット君もご来店!(着れるのか!?)

 

 

談笑中のグループの中に、ライフスタイルエッセイストの小林夕里子(コバユリ)さんを発見!
鈴鹿8耐のとき、”TransMap Racing TEAM長野 with ACE CAFE” のFacebookでパドックから楽しい密着レポートを届けてくださいました。
聞けば8耐と同じくMotoGPも生で観るのは初めてとのこと。
それでは!と、歩き回れないスタッフの代わりにレポートをお願いしちゃいました!
コバユリさん、無茶ぶりすみません…よろしくおねがいします!

 

~~~~~~~~~~

 

ACEファンのみなさまお久しぶりでございます!
8耐の密着レポートでは大変お世話になりました。
「やっぱりレースは生で体感するのが楽しい!」と、
蜜の味を知ってしまったわたくしは、
秋雨の中ツインリンクもてぎにやってまいりました。
MotoGPはここ数年、録画して欠かさず観てはいるものの
生で観戦したことはなかったので、
ACE CAFEさんも2年ぶりに出店されることですし(おめでとうございます☆)、
ブースではあの8耐マシンの展示もあると聞き及び、
仕事をやっつけたフライデーナイト、そのまま高速に乗りいざ出陣!

 

 

と、いきなりバイクじゃないことがバレバレな興ざめ写真ですみません。
深夜にもてぎに着いてそのまま車中泊。
からの~

 

 

無料シャトルバスを使って場内ホテルの温泉へ。
遠足みたいで楽しいな♪
温泉施設は世界のVIPを迎え入れるホテルだけあって、
それほど広くはないけれどとっても清潔で快適で、
気持ちのいい朝風呂でした。
ホテルの玄関先には出待ちの人だかりができていて、
世界選手権に来た実感にぞわぞわしつつ、
私はもちろん、ACE CAFEブースへ!

 


▲温泉のあとの水分補給♡

 

ファッションと書籍とバイク、音楽。
モーターカルチャー一色の空間がとっても心地いい~。
降り止まぬ雨から逃れるように、お客さんがひっきりなしに。

 


▲また会えたね、8耐マシン!
あとマネキンくんが着ているジャケット、わたしもひとつ前の型を愛用してます。
あったかいんだよね~♪♪

 


▲英国つながりで、トライアンフの車両展示とアパレル販売も。
2019年からMoto2クラスにおいて独占的エンジンサプライヤーとなることが決まっているトライアンフ!

 


▲もちろんTポイントもゲット。
「TカードがENEOSバージョンの女は女子力低め」って言ったのは誰(´艸`*)

 

 

そしてわたしはついに対面したのであります。
世界の頂点を競い合うオトコたち!!…の等身大パネルと(笑)。
後ろの建物にACEロゴとブースの出入口が見えますか?

 


▲まさかセンターを飾れる日がくるなんて!(つなぎを着た気持ちになってみました。)
ちなみにダニファンです♡

 


▲主にお気に入りの選手たちと背比べ。はぁうれしい♡

 


▲ジェラートも食べて、さらにごきげん。

 


▲夜はダニを追いかけ”ダニ活”を満喫☆

 

 

そうして迎えた決勝日はもっと雨…。
土曜の予選は大迫力の音に包まれつつ、ちょっと空いている見晴らしのいいポイントから
生で観ることができたのですが、

 

 

日曜日、同じポイントに行ったらあれよという間に人混みに負けて押し出され(泣)、
背伸びしてもジャンプしても人の後頭部しか見えないので(大泣)、
闘うオトコたち(のパネル)が待つ、あの広場へ!

 

 

いえーーーい! ある意味、特等席!!
パオーーーン!な排気音はここにも届くので、ここに居座り応援することに決めました☆
この空き具合なら傘を差していられるし。
(レース観戦に傘は不適切と学ぶ○△歳の秋。)

 

がみー!!(来年はいよいよMoto2からMotoGPへ!)

 

ドヴィ様~!!(優勝争いのためマルクの前へ出たいところ!)

 

こんなシャバッシャバなレインコンディションの中で、
転ばずにマシンを操れること自体が神業なのに、
駆け引きし合って、抜きつ抜かれつ!!
その超人的テクニックに会場中が湧きました!!
「フォーーー!!」とか「ひえ~~~!!」とか、
叫ばずにいられなくなってるお一人様女子。
そして、熾烈な戦いを終えてたたえ合う選手たち。
しびれました。
オトコたちにはもちろん、
こんな素晴らしい世界最高峰の戦いを支えている最先端のバイクメーカーが
日本には3つもあること、そして戦いの場があることにも!
そんな誇らしい国に生まれたことにも!

 

いやはや、夏の8耐といい、MotoGPといい、
今年は代表的なロードレースを生で体感できたメモリアルイヤーとなりました。
そしてわかったことは、
ルールとか歴史とか、難しいことは後回しでいいってこと。
興味のあるバイクやレース、気になるライダーがいるなら、
とりあえず見に行ってしまえばいいんですね。
知識は後からついてくるものだし、
楽しみ方は人それぞれなので。
少なくともわたしの場合は、ACE CAFEとの出会いがなければ
体感することが、いつかあったにしてもまだまだ先のことだったのだろうと思います。
ACE CAFEさんありがとう!
だから長ーくなってしまったレポートですが許してくださいね(笑)。
あ、レースのハイライトや結果はこちらをどうぞ。

 

~~~~~~~~~~

 

 

初体験を満喫されたご様子のコバユリさん、レポート、ありがとうございました!
ご来店いただいたみなさまにも、改めて御礼申し上げます。

 

 

ブースの撤収が終わり、今年のビッグイベントもこれにてほぼ完了。
安堵感と一抹の寂しさが交錯…した次の瞬間には、来年のことをあれこれ考えワクワクしているスタッフ一同でした!

MotoGP、出店のお知らせ

さあ、10月です!
10月と言えば、みなさんも楽しみですよね? MotoGP!!
ロードレース世界選手権。オートバイの世界最高峰のレースです。
世界中を転戦し、いよいよ13日から3日間、世界一を競い合う熱きライダーたちが日本にやってきます。
第15戦日本GPの舞台となるのはもちろん、ツインリンクもてぎ
一番にチェッカーフラッグを受けるのは、
ランキングトップのマルケスか、
昨年トップを飾った、侍ヘルメットで走るペドロサか、
前回右足の骨折から驚異的な早さでレース復帰し果敢に攻めるロッシか!?
世界のロードレースファンが見守ります!!

 

そのMotoGPに、今年は2年ぶりにACE CAFEが出店いたします。
場所は、中央エントランス芝生広場横センターラウンジ。

 

森のジェラテリアRoccoさんが入っている建物内です!
エントランスを入ってすぐに右後ろに振り向いていただく感じになります。
見つけてもらえないと悲しいので、
目印にこんなものを用意しちゃいました!

 

 

黒い巨塔~(笑)!
見つけたら、ぜひお立ち寄りくださいね。
お買い得品もご用意して、スタッフ一同心よりお待ちしております!!

「ROCKERS」と呼ばれた人々

こちらのブログにお越しいただいているみなさまならきっと馴染みのある”ROCKERS”(ロッカーズ)という言葉。
かつて、そのように呼ばれる人たちがACE CAFE LONDONにいたわけなのですが、どこから来たどんな人たちだったか、ご存知でしょうか?

今回はROCKERSと呼ばれた若者達について、ちょっと触れてみようと思います。

ときはさかのぼって1950年代。イギリスでは社会情勢の煽りを受けて、職に就けない若者が溢れました。
彼らは反大勢をかかげて、生き方を模索するように様々なカルチャーに手を出します。
そのひとつであり、彼らの多くが情熱を傾けた乗り物がオートバイでした。
そして、溜まり場となったカフェの中でも唯一の24時間営業だったACE CAFE LONDONに、たくさんのライダーが集まるようになりました。
情熱のやり場を求めるように、彼らはジュークボックスにコインを入れてその音楽が終わるまでに誰が一番早く戻ってこられるかを競う公道レースをするようになり、”TON-UP BOYS”(タンナップボーイズ)と呼ばれるようになりました。”TON-UP”とは「時速100マイルを超えて走れ」という意味…ということは、以前カフェレーサーのお話のときにもご紹介しました。

そのころ、アメリカではアメリカンアウトローを描いた「乱暴者(あばれもの)」(邦題:「The Wild One」)という映画が大ヒット!イギリスでは若者への悪影響を懸念して10年間公開が禁止されたのですが、主演のマーロン・ブランドが魅せるブラックレザージャケット・ジーンズ・ブーツ姿は、瞬く間にタンナップボーイズたちの間で話題に! そして、ロックンロールに夢中だった彼らは、「ROCKERS」の白い文字にACE CAFEのワッペン、ピンバッチや鋲などでギラギラに装飾したジャケットをこぞって着るようになり、社会からも「ロッカーズ」と呼ばれるようになって…。つまり、タンナップボーイズ&ガールズをさらに過激にバージョンアップさせた若者たちの総称が”ROCKERS”なのです!

 

 

その後、モッズの台頭や彼らとの対立を経て影を薄めて行くロッカーズなのですが、50年余りが経った今日でもロックンロールやバイク、ファッションと言った、彼らが愛した”魂”が一部かもしれないが、確かに根付いているな…なんて考えさせられました。

そんな”ROCKERS”のアイテムはこちらから。

以上、一部個人的な解釈も含まれてますが・・・
今日は歴史のお話でした!

バッグの中身お見せします④ヒップ&ショルダーバッグ

 

 

ACEバッグの使用例、最後はひとつで2役こなす小ぶりながらも頼もしいバッグ、
ヒップ&ショルダーバッグ】です。

 

 

 

ヒップバッグとしてもショルダーバッグとしても使える、ターポリン素材のマルチアイテム。
ショルダーバッグとして使うときは、背面にウエストベルトを収納できるので見た目もスッキリ。
ツーリングから日常使いまで、幅広く活躍してくれます。
それでは、スタッフの使用例をごらんください!

 

 

こちら、通勤時にいつも携帯している小物の数々だそうです。
バッグの中にはさらに余裕もあります。

 

 


▲外ポケットには薄い小物を。

 


▲何かと便利な内ポケット。

 

 

ヒップバッグとして使うときはショルダーベルトを外して、
ショルダーバッグとして使うときはウエストベルトを背面パネルの中に。
一粒で二度おいしい!
さらに詳しい商品情報はこちらをごらんください。

 

さあ、この秋、あなたはどのACEバッグで走りますか!?

【メディスンポーチ】使用例

【タンク&ワンショルダーバッグ】使用例

【ウォータープルーフボストンバッグ】使用例

悩む時間もまた楽しいですね♫

バッグの中身お見せします③ウォータープルーフボストンシートバッグ

 

 

ACEバッグの使用例、3つめは、ひとつで3役こなす多機能バッグ、
ウォータープルーフボストンシートバッグ】です。

 

 

これひとつで、
・リュック
・ボストンバッグ
・シートバッグ
と3通りの使い方ができ、
さらにはターポリンと止水ファスナーで突然の雨から荷物をガードする簡易防水仕様です。
左右両側からアクセスできる2面開放式がとにかく便利で、一度使ったら手放せないというお声も続々!
シートバッグとして使うときは、肩掛けベルトを背面に収納でき、
また縦方向にも横方向にも積めるなど、シンプルなシルエットながら機能満載。
1~2泊の荷物が収納できるサイズ感です。
スタッフCの使用例をごらんください。

 

 

1泊ツーリングの荷物です。
着替え、洗面用具、防寒着、雨具、地図、充電器具、薬類、緊急時用ガムテープなど。

 

 

すべて入れて、さらに少し余裕があります。
お土産を買って荷物が増えても安心なくらいのスペースです。
しかもシートバッグなら、例えばパンなどの柔らかいものを入れてもテンションコードなどで押しつぶされることがありません♪

 

 

2面開放式なので、手前側(タテに取り付けたとき、進行方向を見て)や左側(ヨコに取り付けたとき、進行方向を見て)の開閉口付近にすぐに取り出したいもの…帽子や雨具などを忍ばせておくと便利ですよね!

 

そして、宿についたらリュックとして背負ってスマートにチェックイン!

 

さらに詳しい商品情報はこちらをごらんください。

ジョニー氏のドキュメント映画がレインダンス映画祭にノミネート!

平成生まれ。昭和育ち。
ACE CAFEが応援しているロックンローラー・山下ジョニー大悟からうれしいニュースが入りました!
ロンドンで制作されたジョニーのドキュメンタリー「Johnny Jeana : Portrait of Tokyo Rockabilly」がなんと!
レインダンス映画祭にノミネートされ、上映されることが決まりました!!

レインダンス映画祭とは、1993年にイギリスで設立された、インディペンデントを代表する国際映画祭です。毎年9月下旬から10月上旬にかけてロンドンで開催されており、世界中から集められた映像作品は、映画ファンやジャーナリスト、製作者、俳優、監督から高い評価を得ています。

その世界が注目するスクリーンにわれらがジョニーが映し出される!!
これはもう鳥肌モノです!!

 

それからニュースがもうひとつ。
ジョニー率いるロックバンド「Johnny Pandora」の、昨年のヨーロピアンツアーの模様を収めたドキュメンタリーの第2弾がYouTubeにて配信開始されました!!
伝説のカフェACE CAFE LONDONに、日本人ロックバンド…こちらも、鳥肌モノです!!
第1弾と合わせて、Check it out !!

 

 

バッグの中身お見せします②タンク&ワンショルダーバッグ

ACEバッグの使用例、2つめは、ひとつで2役こなす便利なバッグ、
タンク&ワンショルダーバッグ】です。

 

 

10インチタブレットが収納できる大容量のショルダーバッグ…に見せかけて!
吸盤式タンクバッグにも変身する2WAY仕様です。
縦350mm×横180mm×奥行100mmは、日帰りツーリングにぴったりのサイズ感。
それでは、スタッフBの使用例を紹介します。

 

フラップを開けると現れるポケットにはすぐに取り出したいものを入れておけます。

 

 

ファスナーを開けると蓋の内側にも小物を整理しておける仕切りが備わっています。

 

男子のわりに持ち物が多いスタッフB…

 

これだけの小物が入ってまだ余裕があるくらいのサイズです。

 

スナップボタンが2つ備わっているので、例えばツーリングの途中で荷物が増えてしまったら調節してくださいね。

 

タンクに装着して走って、目的地についたらショルダーバッグに!
さらに詳しい商品情報はこちらをごらんください。

バッグの中身お見せします①メディスンポーチ

暑くもなく、寒くもない、お気楽快適なバイクシーズンになりました!
ライディングをさらに快適にするものは…そう、バッグです。
ACE CAFEではライディングスタイルに合わせて3モデルをご用意しています。
今日は【メディスンポーチ】の使用例をご紹介します。

 

 

 

丈夫な1680Dナイロンにパデット処理(ダイヤ型のキルト処理)を施し、パイピング部にPUレザーを使用した、しっかりとした質感のポーチです。
サイズは、縦170mm×横150mm×奥行45mm。

 

 

 

スタッフAの使用例です。
財布、名刺入れ、5.5インチスマートフォン、ペンが入って、
眠気対策のガムやキャンディーなどちょっとしたものを忍ばせておけるスペースも残っています。

 

 

開閉はスナップボタンで片手でも楽々!

 

プチツーリングのお供にはもちろん、ポケットの少ない服を着る日の収納にもおすすめですよ。

 

ご購入ページはこちら

これからの季節におすすめのアウター

厳しい残暑の合間にも、涼しい日が訪れるようになりましたね!
強烈な暑さをまだ体が覚えているうちは、
ついメッシュジャケットを着続けてしまいがちですが、
急に冷たくなった夜風にうっかり風邪を引いてしまった…なんて、
この時期のライダーあるあるですよね。

そうなる前に、そろそろアウターを3シーズン用に切り替えてみてはいかがでしょう?
エアベンチレーションを使いこなしたり、肌着の選び方、重ね着の工夫次第で、
幅広い気温帯に対応するのが3シーズン用のうれしいところ。
また、冬にかけて電熱ウェアと組み合わせて愛用される方も多いですよね。

ACEの最新3シーズンナイロンジャケットは、すべてエアベンチレーションを備えています。
現在、この4型が少量ですが在庫がございます!

 

ADRライディングナイロントラッカージャケット】(ブラック、ダークネイビー、ガンメタル)

ベンチレーション付きで3シーズン快適なトラッカースタイルジャケット。

 

ADRライディングナイロンジャケット】(ブラック、ダークネイビー、ガンメタル)

ACE CAFE新定番のナイロンジャケットがプロテクター標準装備でグレードアップ。

 

ADSストリートナイロンスウィングトップ】(ブラック、グレー、ブラウン)

軽快な着心地のマットでクールなスウィングトップ。

 

ADSストリートナイロンブルゾン】(ミント、ネイビー)

レディース専用設計!
ベンチレーション、プロテクター、フード装備で幅広く活躍する軽快なナイロンジャケット。

 

 

紅葉の秋、ツーリングの秋、ファッションの秋!
重ね着してもスッキリシルエットなACE CAFEのアウターで楽しみましょう!!

 

 

「2017トライアンフ・ナショナル・ラリー」に出展します!

まだまだ蒸し暑い日が続きそうではありますが、暦の上ではすでに秋。
秋も楽しいバイクイベントが目白押しですね!
9月9日(土)には、トライアンフジャパンによる、全国トライアンフファンのための祭典、
2017トライアンフ・ナショナル・ラリー in 清里」が開催されます!!

 

 

今年もライブやエキシビジョンなど盛りだくさんながら、
5周年を記念して入場料が無料となっています
ACE CAFEは、お得なセール品を豊富に取り揃えた販売ブースのほかに、
先日の鈴鹿8耐で健闘した「TransMap Racing・チーム長野」のあのレースマシン、
”SUZUKI GSX-R1000 ACE Ver.”の展示や、
チームによる「ピットワークエキシビジョン」をサポートいたします!!

 

(8耐での実際のピットワークの様子。ピットクルーかメディアパスを持っていないかぎり、この至近距離では見ることができません!)

 

ピットワーク…ライダー交代時に行うタイヤ交換とガスチャージの様子を、間近で見ることができるまたとないチャンス!
さらに!!
「貴方も8耐PITクルー!!」と題しまして、会場のお客様にも実際にタイヤ交換作業を体験していただけるスペシャルタイムも!!
そのほか、チームとACE CAFEのスペシャルコラボグッズの販売も行います。

 

トライアンフユーザーはもちろん、トライアンフ乗りではない人もじゅうぶんに楽しめるイベントですので、ツーリングがてら、ぜひ「サンメドウズ清里スキー場」に遊びにいらしてくださいね!