ブログ納めです。よいお年を!

今年も残すところあと僅かとなりました。
思えば今年、ACE的にはいろいろなチャレンジがありました…。
ということで、年末らしく、この一年をしみじみと振り返ってみたいと思います!

 

 

まずはなんと言っても東京モーターサイクルショーに初のブース出展!
オートバイレースを通じて地元の魅力を世界へアピールすることを目指すレーシングチーム「チーム長野」と、同じく地域の活性化を目指す静岡のレーシングチーム「TransMap Racing」の混合チームのスポンサー活動を開始したことも合わせてご報告し、「TransMap Racing・TEAM長野 with ACE CAFE」のお披露目として、鈴鹿8耐への出場を目指すチームのレース車両「SUZUKI GSX1000R ACE Ver.」の展示も行いました。
3日間で本当にたくさんのお客様にお立ち寄りいただき、エキサイティングなシーズンの幕開けとなりました!

 

 

4月には「TransMap Racing・TEAM長野 with ACE CAFE」が、鈴鹿8耐の予選的レースでもある”SUZUKA 2&4”に参戦。東京モーターサイクルショーに引き続き、素敵なコスプレイヤーのみなさまにも応援していただきました。これによって、8耐への切符を見事に手にしました!

 

 

5月には、年々盛り上がりを見せる日本最大規模の公道ヒルクライムイベント、「浅間ヒルクライム」にブース出店。また、「TransMap Racing・TEAM長野 with ACE CAFE」のレースマシンのほかにも、ACEバージョンのカスタムを施したクルマやバイクが数台出走しました!

 

 

7月にはいよいよ鈴鹿8耐へ!!
灼熱の鈴鹿サーキットで熱い闘いが繰り広げられました!!
マシントラブル発生のため結果は40位となりましたが、未来につながる、内容の濃いレースとなりました。
ブースにお立ち寄りいただいたみなさま、サポートグッズやFacebookのフォローを通じて一緒に応援してくださったみなさまに、改めてお礼を申し上げます。

 

 

9月にはトライアンフモーターサイクルジャパン様の恒例ファンミーティング、「トライアンフナショナルラリー」にブース出店。「TransMap Racing・TEAM長野 with ACE CAFE」のピットワークエキシビジョンも大いに盛り上がりました!

 

 

そして、10月はMotoGPに出店のためツインリンクもてぎへ!!
蔦屋書店様とスペースを分け合い、モーターカルチャーあふれる空間となり、たくさんの方にご利用頂きました。
あいにくの雨ではありましたが、そのぶん見ごたえのあるレース展開になりスタッフも仕事を忘れて!?大興奮でした!!

 

また、ACEがサポートさせていただいているアーティストJonny Pandoraも躍進が光る一年でした!
来年はますますのブレイクを期待!!

 

 

 

などなどありまして、
ものづくりのほかにも様々な活動を通じてモーターカルチャーを盛り上げ、自ら楽しむ!
をモットーに、2017年を駆け抜け、来年もアクセルを開け続ける所存でございます。
お世話になったみなさま、応援してくださったみなさま、
イベントなどを通じてACEを知ってくださったみなさま、
興味を持ってくださったみなさま、
どうもありがとうございました!
どうぞよいお年をお迎えください。

「タンク&バックパック」リリース!

ACE福袋に続々ご注文ありがとうございます!!
師走の慌ただしさに加えて出荷準備でバタバタする中の人です。
さらにこのタイミングで(!)、ご好評いただいているACEのバッグシリーズにニューフェイスが加わります!
今回も、使い勝手のよさとファッション性の両立にとことんこだわりました!!

 

【タンク&バックパック】
¥9,200+税
素材:ナイロンPVC
USBポート:USB1.1 Aタイプ
カラー:グレー
サイズ:縦35cm×横26cm×奥行12cm 約10L

 

”吸盤式タンクバッグ”と”バックパック”の2通りの使い方ができる多機能バッグです。
ノートブックPCやタブレット、ノート、書類を収納してもさらに余裕がある大容量。
ブラックの止水ファスナーと合わせたトレンドのアッシュ・グレーの生地の裏側は、
分厚いPVCでコーティングされており、ちょっとした雨でも安心です。
パイピングにはPUレザーを使用し上品さをプラス。
さらに脱落防止ベルトを標準装備しています。

 

 


▲結構かさばるフリースインナーやレインスーツに雑誌にメモ帳etc・・・
見た目以上に、これだけの荷物が入ります。

 

さらに!
こちらの新作の最大の特徴になります、
USBポートを標準装備いたしました!!

 

 

バッグの中でモバイルバッテリーに接続し、
バッグの外でスマホやナビにつなげれば、
充電しながら機器の使用ができます!
バッグの中で長いケーブルがもたついてかさばったり絡まってしまう煩わしさもなく、
スマートにモバイルライフをお楽しみいただけます。

クラシック系のバイクにもなじみやすい風合いとシンプルなデザインに使い勝手がプラスされ、
走っているときも歩いているときも、かさばる荷物をスッキリとまとめられる2WAYバッグ。
大切な人へのプレゼントや、ご自分への今年一年のご褒美にいかがでしょうか。
ツーリングからタウンユースまで幅広く活躍することまちがいなしです!

発売は12月28日予定です。
ACE CAFE JAPAN WEB SHOPにて先行予約受付中!

福袋の賢い使い方?

数量限定で発売中の2018年福袋!!
早々にご注文いただいたみなさま、誠にありがとうございます。
すでに在庫切れしてしまいお求めいただけないサイズもありますが、
各種、SサイズとXXLサイズはまだ数に余裕がございます!!
とはいえ、小さいサイズと、大きいサイズ…。
でも、「どちらも自分に合うサイズではないから」と
せっかくの”超”お買得品を諦めてしまってはもったいない!
福袋の賢い楽しみ方、ご存知ですか?

 

というのも、ACEの福袋には、バッグやタオル、ステッカーなど
サイズが関係ないアイテムも入っているので、
例えば、それらをご自分へのご褒美にして、
サイズのあるものだけを大切な人への贈り物にする、という使い方もオススメなのです!

Sサイズなら女性でも着られますし、
実は”ぽっこりお腹”が気になる男性にとって、XXLサイズは救世主!
いつも支えてくれる奥様や彼女へ、
最近お腹周りが気になり始めたお父さんへのプレゼントにも、
使えてお得な福袋!

 

 

実はこの福袋の”袋”そのものも、A4サイズよりひとまわり大きめなところが
使い勝手がよくて何気に重宝するんですよね~。
とにかく損なしの数量限定販売をどうぞお見逃しなく~!!

ショップへはこちらから→2018年福袋!!

冬のレディースジャケットをインプレ!

もうすぐクリスマスですね!
大切な人へのプレゼントはもう決まりましたか?
いつも一緒にツーリングをする奥様や、これからタンデムデートに誘いたい彼女さんに、暖かいジャケットを贈りたいけれど、そもそもレディースサイズのジャケットを扱っているお店って意外と少ないし、そも女性のおしゃれ感なんてわからん!どうやって選んだらいいものか…とお困りの男性もいらっしゃるかと思います。
そこで、今年もACEのジャケットを愛用してくださっているエッセイストの小林夕里子(コバユリ)さんに、今季のレディース2モデルの着心地や使い勝手を伺いましたので、ぜひ参考になさってください!

 

~~~~~~~~~~~~~

 

こんにちは! コバユリです。
またまたACEの中の人にご依頼をいただきまして、
今回は、この冬の新作レディースジャケットを日常的に使ってみて実際どんな感じか、
”生の声”をお伝えしたいと思います!

 

 

まずはこちらが「メルトン W2 フーデットジャケット」ですね。
メルトン生地使いが目を引くこのジャケットは昨シーズンに旧モデルがリリースされまして、
ほどよく上品なおしゃれ感がどんなボトムにも合わせやすいことと、
スッキリとしたシルエット、
「防風フィルム」+「中綿」+「肉厚なメルトン生地」の三重構造がとにかく暖かくて、
以来、愛用しております。
あえて首元をゆったりめに設計してあるところが”バイクウェアっぽくない感”満載なわけですが、
デザイナーさんにお話を伺ったところによると、
「ここはお気に入りのマフラーをチラ見せしてさりげないおしゃれを楽しんでもらいたい」とのこと。
人一倍冷え性なわたしは当初、
「首から冷たい風がスースー入ってくるのでは!?」
と心配だったのですが、
防風ネックゲイターの上からマフラーをぐるぐる巻く、という二重構造にしてみたところ、
スースーどころか非常に暖かい上におしゃれ度UP!といううれしい結果に。
それに、仕事でいろんなタイプのバイクに乗る機会に恵まれるのでよく思うのですが、
首まわりの窮屈感って、乗車姿勢によって変わってくるものなんですよね。
前傾姿勢になるスーパースポーツタイプは殿様姿勢のオフロードタイプより首が苦しく感じやすい。
なので、このくらいのゆったり感をベースにアレンジを加えるというのも全然アリなんだ!と
目から鱗のメルトンフーディー様なのであります。

さらに、今年はマイナーチェンジを遂げて、フロントジッパーがダブルに!
身幅調整ができるようになり、ますますオススメ度UPです☆
ちなみに、「グレーは汚れが目立ちそう」というお声をかけられたことがあるのですが、
冬の間はそれほどハードに走り回らないということもあってか、
特に目立った汚れは今のところ(旧モデル2年目)見つかりません。

 

 

 

そしてこちらが、「ナイロンフーディ ショートコート」。
フィールドコートっぽくてよりカジュアルな着こなしが楽しめるジャケットです。
「防風フィルム」+「中綿」+「軽量ナイロン生地」の三重構造。
この「軽量ナイロン」がこちらのジャケットの最大の特徴で、とにかく着ていて楽チン!!
動きやすい!! 肩が凝りにくい!!
この気楽さは、街着にもヘビロテしてしまうほどすっかり病みつきです。
ナイロン生地はメルトン生地に比べると
冷たい風の影響を受けやすい(冷えやすい)性質がありますが、
そこは裏地のモフモフとした起毛ボアがやさしくカバーしており、
この、触ってるだけで癒される感じも、病みつき。

 

 

 

さて、この2つのモデルを比較しますと、
バイクを降りたあと、あるいはバイクではない日に着ていてもバイクバイクしていないところは
どちらも共通。
単純に「ジャケットの暖かさ」という点で言ったら僅差でメルトンに軍配が上がり、
「動きやすさ」で言ったら大差で軽量ナイロンになるわけですが、
軽量ナイロンのほうが少しだけゆったりめな作りになっているので、
重ね着が多くできる点でナイロンはオススメだし、
そうは言ってもダブルジッパーで身幅調整ができるメルトンだってとても優秀なのです。

どちらがより奥様や彼女に喜んでもらえるかは一概には言えないところではありますが、
もしもご自分でバイクを運転する方なのであれば、
このブログを見せて差し上げたうえで、どちらがいいか聞いてみるというのも一案だと思います。
ライダーであればなおさら、こだわりポイントは人それぞれなので。

もしもバイクの免許をお持ちでなく、タンデムにもあまり慣れていない方なのであれば、
少なからず緊張している状態だと思いますので、
心まで軽やかになる軽量ナイロンのジャケットなら、
ほどよくリラックス感もあるタンデムデートをサポートしてくれると思いますよ。

いずれにしても、大事な人が風邪を引いてしまわないよう、
彼女の分の”貼るカイロ”もじゅうぶんに、お忘れなく!
心も温まるクリスマスをお過ごしください☆

~~~~~~~~~~~~~

コバユリさんありがとうございました!

広島にACE取扱店がリニューアルオープン!!

いよいよ寒さが深まってきましたね。
冬の朝の、ピリッと身が引き締まる感じとか、
かじかんだ手をエンジンにかざしたときのじんわりほどけていく感じとか、
けっこうきらいじゃない中の人です(笑)。
でもさすがに遠出の機会は少なくなるので、
暖かくて、バイクを降りた後の街中でもおしゃれにキマるウェアがほしい!
そんな願いをかなえてくれるバイクショップが広島にオープン!のご案内です。

 

 

ロイヤルエンフィールド・ノートン・AJP・MVアグスタ・モトモリーニ・SWM・LML・DUCATIなど、個性的なラインナップが人気の広島市のバイクショップモトエスエックスさんが、明日、移転リニューアルオープンされます!
場所は同じ市内の安佐南区、この秋までトライアンフ広島店だった建物になります。
これまでに比べて店舗が広くなることもあり、バイクと一緒におしゃれなアパレルも楽しめるお店にされたいとのことで、
「ぜひACE CAFEを取り扱いたい!」
とありがたいラブコールをいただき、専用コーナー設置の運びとなりました。
広島のバイカーのみなさまにACEを手に取ってごらんいただける場所が増えて、スタッフ一同大変うれしく思います!!

 


(店舗イメージ)

 

まだ看板が間に合っていないそうなんですが(!)、予定通り明日、12月9日(土)にオープンされるようですので、広島のみなさま、ぜひ遊びに行ってみてください!!

 

【モトエスエックスHiroshima】
広島県広島市安佐南区大町東1丁目2-18
http://www.motosx.com/

2018年福袋!

早いもので今年も残り少なくなってきました。
そろそろ風邪が流行り始める時季でもありますね。
バイクでお出かけの際は防寒対策万全にして、今年も元気に乗り切りましょう!

さて、慌ただしい師走の先に待っているのは、みんな大好きお正月。
お正月と言えば、みんな大好き、「福袋」!!
ACE CAFEオフィシャルウェブショップでは、日ごろのご愛顧に感謝を込めて、福袋を販売いたします!

今回は、人気のWPボストンシートバッグをはじめとするバッグやポーチのラインナップから
1点を含むという太っ腹企画です!!

こちら10,000円(税抜)の福袋には、メディスンポーチ、タンク&ショルダーバッグ、
ヒップ&ショルダーバッグをメインアイテムにし、デカールやTシャツなど、定価合計23,000円
相当の商品をお詰めします!

写真のほかにあと数点のアイテムを加えてのお届けとなります。
TシャツなどアパレルアイテムのサイズでS、M、L、XL、XXLのサイズ別に各9セット限定での
発売となります。

そして15,000円(税抜)の福袋には、ボストン&シートバッグをメインアイテムにし、定価合計32,000円相当の商品をお詰めします!
こちらも、写真の他に数点のアイテムが加わり、S、M、L、XL、XXLのサイズ別に、各3セット限定発売!

いずれも、デイリーユースにも使える便利なオリジナルバッグに詰めてお届けするという、至れり尽くせり出血大サービス!!

予約開始は12月1日(金)から!
お届けは2018年1月5日からとなります。

数に限りがございますので、販売開始になりましたらお早目にご利用ください!
ACECAFE MOTOR LIFE GEAR WEBSHOPはへこちらから。

南海部品越谷店にACEコーナー!

 

 

「ACE CAFEのアイテムはどこに行けば買えますか?」

というお問い合わせをよくいただきます。
実際に手に取ってみたり試着してから購入したい、というお客様のご要望にお応えするべく、
少しずつではありますが、取扱店舗を増やしています。
この秋からは、南海部品様の越谷店にもACEコーナーができました!

 

 

 

秋冬ジャケットも雑貨類もほぼすべて取り揃えています。
販売状況によって欠ける場合がございますので、
見つからないものがあればスタッフ様にお問い合わせください。

 

南海部品越谷店にご来店の際は、ぜひともACE CAFEコーナーにお立ち寄りくださいね!!

「MotoGP」出店&体験レポート

先日お知らせしましたとおり、先週末はツインリンクもてぎにて「MotoGP 第15戦 MOTUL日本グランプリ」に出店してまいりました!

 

 

あいにくの雨模様…。
気温も上がらず肌寒い幕開けとなりましたが、ACE CAFEブースは屋内のため暖房完備に加え、みなさんご存知、蔦屋書店さんも出店というホットな内容でオープン!

 

 

 

 

ひと息つける休憩スペースもご用意しました。
蔦屋書店さんの本をこちらでお読みになるお客様や、歩き疲れてぐったりする人(笑)、「ぼくはレースには興味がないので」と、お父さんとは別行動で一人ゲームに没頭する少年(!)など、入れ替わり立ち代わりな人間模様も楽しい一角。

 

 

 

フォーミュラドライバーを夢見るバット君もご来店!(着れるのか!?)

 

 

談笑中のグループの中に、ライフスタイルエッセイストの小林夕里子(コバユリ)さんを発見!
鈴鹿8耐のとき、”TransMap Racing TEAM長野 with ACE CAFE” のFacebookでパドックから楽しい密着レポートを届けてくださいました。
聞けば8耐と同じくMotoGPも生で観るのは初めてとのこと。
それでは!と、歩き回れないスタッフの代わりにレポートをお願いしちゃいました!
コバユリさん、無茶ぶりすみません…よろしくおねがいします!

 

~~~~~~~~~~

 

ACEファンのみなさまお久しぶりでございます!
8耐の密着レポートでは大変お世話になりました。
「やっぱりレースは生で体感するのが楽しい!」と、
蜜の味を知ってしまったわたくしは、
秋雨の中ツインリンクもてぎにやってまいりました。
MotoGPはここ数年、録画して欠かさず観てはいるものの
生で観戦したことはなかったので、
ACE CAFEさんも2年ぶりに出店されることですし(おめでとうございます☆)、
ブースではあの8耐マシンの展示もあると聞き及び、
仕事をやっつけたフライデーナイト、そのまま高速に乗りいざ出陣!

 

 

と、いきなりバイクじゃないことがバレバレな興ざめ写真ですみません。
深夜にもてぎに着いてそのまま車中泊。
からの~

 

 

無料シャトルバスを使って場内ホテルの温泉へ。
遠足みたいで楽しいな♪
温泉施設は世界のVIPを迎え入れるホテルだけあって、
それほど広くはないけれどとっても清潔で快適で、
気持ちのいい朝風呂でした。
ホテルの玄関先には出待ちの人だかりができていて、
世界選手権に来た実感にぞわぞわしつつ、
私はもちろん、ACE CAFEブースへ!

 


▲温泉のあとの水分補給♡

 

ファッションと書籍とバイク、音楽。
モーターカルチャー一色の空間がとっても心地いい~。
降り止まぬ雨から逃れるように、お客さんがひっきりなしに。

 


▲また会えたね、8耐マシン!
あとマネキンくんが着ているジャケット、わたしもひとつ前の型を愛用してます。
あったかいんだよね~♪♪

 


▲英国つながりで、トライアンフの車両展示とアパレル販売も。
2019年からMoto2クラスにおいて独占的エンジンサプライヤーとなることが決まっているトライアンフ!

 


▲もちろんTポイントもゲット。
「TカードがENEOSバージョンの女は女子力低め」って言ったのは誰(´艸`*)

 

 

そしてわたしはついに対面したのであります。
世界の頂点を競い合うオトコたち!!…の等身大パネルと(笑)。
後ろの建物にACEロゴとブースの出入口が見えますか?

 


▲まさかセンターを飾れる日がくるなんて!(つなぎを着た気持ちになってみました。)
ちなみにダニファンです♡

 


▲主にお気に入りの選手たちと背比べ。はぁうれしい♡

 


▲ジェラートも食べて、さらにごきげん。

 


▲夜はダニを追いかけ”ダニ活”を満喫☆

 

 

そうして迎えた決勝日はもっと雨…。
土曜の予選は大迫力の音に包まれつつ、ちょっと空いている見晴らしのいいポイントから
生で観ることができたのですが、

 

 

日曜日、同じポイントに行ったらあれよという間に人混みに負けて押し出され(泣)、
背伸びしてもジャンプしても人の後頭部しか見えないので(大泣)、
闘うオトコたち(のパネル)が待つ、あの広場へ!

 

 

いえーーーい! ある意味、特等席!!
パオーーーン!な排気音はここにも届くので、ここに居座り応援することに決めました☆
この空き具合なら傘を差していられるし。
(レース観戦に傘は不適切と学ぶ○△歳の秋。)

 

がみー!!(来年はいよいよMoto2からMotoGPへ!)

 

ドヴィ様~!!(優勝争いのためマルクの前へ出たいところ!)

 

こんなシャバッシャバなレインコンディションの中で、
転ばずにマシンを操れること自体が神業なのに、
駆け引きし合って、抜きつ抜かれつ!!
その超人的テクニックに会場中が湧きました!!
「フォーーー!!」とか「ひえ~~~!!」とか、
叫ばずにいられなくなってるお一人様女子。
そして、熾烈な戦いを終えてたたえ合う選手たち。
しびれました。
オトコたちにはもちろん、
こんな素晴らしい世界最高峰の戦いを支えている最先端のバイクメーカーが
日本には3つもあること、そして戦いの場があることにも!
そんな誇らしい国に生まれたことにも!

 

いやはや、夏の8耐といい、MotoGPといい、
今年は代表的なロードレースを生で体感できたメモリアルイヤーとなりました。
そしてわかったことは、
ルールとか歴史とか、難しいことは後回しでいいってこと。
興味のあるバイクやレース、気になるライダーがいるなら、
とりあえず見に行ってしまえばいいんですね。
知識は後からついてくるものだし、
楽しみ方は人それぞれなので。
少なくともわたしの場合は、ACE CAFEとの出会いがなければ
体感することが、いつかあったにしてもまだまだ先のことだったのだろうと思います。
ACE CAFEさんありがとう!
だから長ーくなってしまったレポートですが許してくださいね(笑)。
あ、レースのハイライトや結果はこちらをどうぞ。

 

~~~~~~~~~~

 

 

初体験を満喫されたご様子のコバユリさん、レポート、ありがとうございました!
ご来店いただいたみなさまにも、改めて御礼申し上げます。

 

 

ブースの撤収が終わり、今年のビッグイベントもこれにてほぼ完了。
安堵感と一抹の寂しさが交錯…した次の瞬間には、来年のことをあれこれ考えワクワクしているスタッフ一同でした!

MotoGP、出店のお知らせ

さあ、10月です!
10月と言えば、みなさんも楽しみですよね? MotoGP!!
ロードレース世界選手権。オートバイの世界最高峰のレースです。
世界中を転戦し、いよいよ13日から3日間、世界一を競い合う熱きライダーたちが日本にやってきます。
第15戦日本GPの舞台となるのはもちろん、ツインリンクもてぎ
一番にチェッカーフラッグを受けるのは、
ランキングトップのマルケスか、
昨年トップを飾った、侍ヘルメットで走るペドロサか、
前回右足の骨折から驚異的な早さでレース復帰し果敢に攻めるロッシか!?
世界のロードレースファンが見守ります!!

 

そのMotoGPに、今年は2年ぶりにACE CAFEが出店いたします。
場所は、中央エントランス芝生広場横センターラウンジ。

 

森のジェラテリアRoccoさんが入っている建物内です!
エントランスを入ってすぐに右後ろに振り向いていただく感じになります。
見つけてもらえないと悲しいので、
目印にこんなものを用意しちゃいました!

 

 

黒い巨塔~(笑)!
見つけたら、ぜひお立ち寄りくださいね。
お買い得品もご用意して、スタッフ一同心よりお待ちしております!!

「ROCKERS」と呼ばれた人々

こちらのブログにお越しいただいているみなさまならきっと馴染みのある”ROCKERS”(ロッカーズ)という言葉。
かつて、そのように呼ばれる人たちがACE CAFE LONDONにいたわけなのですが、どこから来たどんな人たちだったか、ご存知でしょうか?

今回はROCKERSと呼ばれた若者達について、ちょっと触れてみようと思います。

ときはさかのぼって1950年代。イギリスでは社会情勢の煽りを受けて、職に就けない若者が溢れました。
彼らは反大勢をかかげて、生き方を模索するように様々なカルチャーに手を出します。
そのひとつであり、彼らの多くが情熱を傾けた乗り物がオートバイでした。
そして、溜まり場となったカフェの中でも唯一の24時間営業だったACE CAFE LONDONに、たくさんのライダーが集まるようになりました。
情熱のやり場を求めるように、彼らはジュークボックスにコインを入れてその音楽が終わるまでに誰が一番早く戻ってこられるかを競う公道レースをするようになり、”TON-UP BOYS”(タンナップボーイズ)と呼ばれるようになりました。”TON-UP”とは「時速100マイルを超えて走れ」という意味…ということは、以前カフェレーサーのお話のときにもご紹介しました。

そのころ、アメリカではアメリカンアウトローを描いた「乱暴者(あばれもの)」(邦題:「The Wild One」)という映画が大ヒット!イギリスでは若者への悪影響を懸念して10年間公開が禁止されたのですが、主演のマーロン・ブランドが魅せるブラックレザージャケット・ジーンズ・ブーツ姿は、瞬く間にタンナップボーイズたちの間で話題に! そして、ロックンロールに夢中だった彼らは、「ROCKERS」の白い文字にACE CAFEのワッペン、ピンバッチや鋲などでギラギラに装飾したジャケットをこぞって着るようになり、社会からも「ロッカーズ」と呼ばれるようになって…。つまり、タンナップボーイズ&ガールズをさらに過激にバージョンアップさせた若者たちの総称が”ROCKERS”なのです!

 

 

その後、モッズの台頭や彼らとの対立を経て影を薄めて行くロッカーズなのですが、50年余りが経った今日でもロックンロールやバイク、ファッションと言った、彼らが愛した”魂”が一部かもしれないが、確かに根付いているな…なんて考えさせられました。

そんな”ROCKERS”のアイテムはこちらから。

以上、一部個人的な解釈も含まれてますが・・・
今日は歴史のお話でした!