History of ACE

1938年

24時間オープンのロードサイドカフェとして、ロンドンのノースサーキュラーロードにオープン。
イングランド北部へ向かう高速道路の起点に近かった為、バイカーやドライバー達の人気スポットに。

1949年~

第二時世界大戦時の空爆によりカフェは大破。
場所を移動して1949年にリオープン。
戦後を迎えると共にTON-UP BOYS(100マイルオーバーで走る若者)と呼ばれるモータリストが急増、同時に若者の間でロックンロールが大流行。レザーにリーゼントのバイクファッションに身を包んだROCKERSと呼ばれる若者達が台頭し始め、やがてACE CAFEにROCKERSたちが集うように。

1950年~60年代

もはや、ACE CAFEは若者たちやバイカーのメッカとなり、多くのロックンロールバンドもここから誕生。
カルチャーとなったACE CAFEは数々の映画やドラマのロケ地にもなりました。

1969年

時代や流行の変化(ビートルズ、モッズの台頭など)によって、バイク関連ビジネスは急増。
高速道路事業の多角化などが進み、数々の伝説を生んだACE CAFEは1969年に惜しまれながらも閉鎖。

1994年

その後、ACE CAFEはタイヤ倉庫として使用されていました。

その変わり果てた姿を悲しげに見つめる一人の人物が立ち上がります。現ACE CAFE LONDONの代表であるマーク・ウィルスモアその人です。彼はイギリス中のバイクショップやモーターサイクリストに呼びかけ、閉鎖してから四半世紀経過した1994年9月に6千人以上の人々を集め復活祭を開催します。
この元騎馬警察官であり、ロッカーズの残党であったマークの情熱と行動力によって、ACE CAFE LONDONは2001年9月にリオープンし、現在に至ります。

現在のエース

ACE CAFE LONDONでは、ほぼ毎日のようにバイクや車のモデルやメーカー別、年代別に集うイベントや、音楽、ファッションのジャンルで分けられた、様々な年齢層にアピールする魅力的かつ刺激的なイベントが開催されています。サマータイムに開催されるイベントには3千人を超す参加者が集まることも。

現在ACE CAFEでは、ロッカーズ、テッズといった従来の枠にとどまらず、新たなACE CAFEのイメージを創造すべく、モッズからヒップホップを愛するB-BOYSらを対象にした幅広いジャンルのイベントが行われ連日賑っています。

とりわけ毎年ロンドン南部の港町ブライトンで開催されている大型ビッグイベント「REUNION」では、ヨーロッパは勿論のこと、世界各国から2万人を超すエンスージアスト達がビーチサイドに集い圧巻です。80年代に日本でも公開された映画「さらば青春の光」でも有名になったイベントです。

ACE CAFEの広大な敷地内では、警察によるバイク講習が行われたり、ビジネスマンが朝食やランチに気軽に立ち寄るといったように幅広いリピーターを擁しています。

CAFE内ではTシャツ、ステッカー、アクセサリー、ピンバッジ、カフェアイテム、レザーウエアなどの関連商品も販売され、世界でライセンスビジネスを展開するまでになりました。
カフェという枠に留まらないその圧倒的な存在感は、各国のメディアから注目を集め、雑誌、新聞、テレビ等の取材依頼が後を断たず、直接取材以外にも雑誌等の撮影スポットとして起用されるなど、販促費を遣わずして常に世界中のメディアの露出を得ている特別な場所なのです。

ACE CAFE LONDON in JAPAN

日本においては、現在のところACE CAFE自体のオープンは計画されていませんが、2003年よりアパレルのライセンス展開がスタート。
ACLをファッションブランドとして捉え、「ACE CAFE LONDON」と「ROCKERS」のロゴをモチーフにしたアパレルやバイク用品などを企画・販売し、ACE特有なサブカルなイメージに合致している小売店を中心に販売が始まっています。
2003年12月には、ACE CAFEの代表でもあり「Mr. ACE」ことMARK WILSMORE氏の選曲によるコンピレーションCD「バズ・トゥ・ザ・ハイヴ!」もリリースされ、リリースに伴いClub CITTA川崎にてライブ演奏を含むイベントも開催されました。
2001年にACE CAFE LONDONがリオープンして以来、日本からも数々のメディアが取材に訪れ、バイク専門誌やファッション誌、ANA機内誌での特集など、様々なジャンルの情報誌等で特集が組まれています。