カフェレーサーってどんなバイク?

モーターサイクル系の雑誌やウェブサイトで、この言葉を見ない日はないというくらい、数年前から世界的に盛り上がりを見せるジャンルといえば、「カフェレーサー」。
そもそもオートバイカスタムのひとつの手法ですが、バイクメーカーからもそのコンプリート車両がリリースされるなど、カフェレーサーブームはしばらく続きそうですね。
でも、「ビキニカウルつけてセパハンにすればカフェレーサーになる?」
と、その歴史的背景のことはあまり知られていないかもしれません。
実はカフェレーサーとACEとは、切っても切れない関係なんです。
ときは1950~60年代。イギリスでは、社会情勢の煽りを受けて、職に就けない若者が溢れました。
彼らは反大勢をかかげて、生き方を模索するように様々なカルチャーに手を出します。
そのひとつであり、彼らの多くが情熱を傾けた乗り物がオートバイでした。
そして、溜まり場となったカフェの中でも唯一の24時間営業だったACE CAFE LONDONに、たくさんのライダーが集まるようになりました。

情熱のやり場を求めるように、彼らはジュークボックスにコインを入れてその音楽が終わるまでに誰が一番早く戻ってこられるかを競う公道レースをするようになります。当然、勝てるマシンにしようと自分の愛車をカスタムします。とにかく速さと旋回性を求めて。乗り心地は二の次。力強いハイコンプエンジンや、風の抵抗を最小限にするためのローポジション、存在感たっぷりの大音量マフラーなどを組み合わせた、ユニークなスタイルが生まれました。いつしかこれらのバイクは「カフェレーサー」と呼ばれるようになり、ACE CAFEはロッカーズと呼ばれる若者とカフェレーサーで溢れかえるようになったのです。

 

歴史が分かると、俄然興味が沸いてきますよね!
自分だけのオリジナルを作り上げるもよし、
乗り心地も確保された最新のカフェレーサーを奮発しちゃうもよし。
ウェア選びも輪をかけて楽しくなること間違いなしです!