「MotoGP」出店&体験レポート

先日お知らせしましたとおり、先週末はツインリンクもてぎにて「MotoGP 第15戦 MOTUL日本グランプリ」に出店してまいりました!

 

 

あいにくの雨模様…。
気温も上がらず肌寒い幕開けとなりましたが、ACE CAFEブースは屋内のため暖房完備に加え、みなさんご存知、蔦屋書店さんも出店というホットな内容でオープン!

 

 

 

 

ひと息つける休憩スペースもご用意しました。
蔦屋書店さんの本をこちらでお読みになるお客様や、歩き疲れてぐったりする人(笑)、「ぼくはレースには興味がないので」と、お父さんとは別行動で一人ゲームに没頭する少年(!)など、入れ替わり立ち代わりな人間模様も楽しい一角。

 

 

 

フォーミュラドライバーを夢見るバット君もご来店!(着れるのか!?)

 

 

談笑中のグループの中に、ライフスタイルエッセイストの小林夕里子(コバユリ)さんを発見!
鈴鹿8耐のとき、”TransMap Racing TEAM長野 with ACE CAFE” のFacebookでパドックから楽しい密着レポートを届けてくださいました。
聞けば8耐と同じくMotoGPも生で観るのは初めてとのこと。
それでは!と、歩き回れないスタッフの代わりにレポートをお願いしちゃいました!
コバユリさん、無茶ぶりすみません…よろしくおねがいします!

 

~~~~~~~~~~

 

ACEファンのみなさまお久しぶりでございます!
8耐の密着レポートでは大変お世話になりました。
「やっぱりレースは生で体感するのが楽しい!」と、
蜜の味を知ってしまったわたくしは、
秋雨の中ツインリンクもてぎにやってまいりました。
MotoGPはここ数年、録画して欠かさず観てはいるものの
生で観戦したことはなかったので、
ACE CAFEさんも2年ぶりに出店されることですし(おめでとうございます☆)、
ブースではあの8耐マシンの展示もあると聞き及び、
仕事をやっつけたフライデーナイト、そのまま高速に乗りいざ出陣!

 

 

と、いきなりバイクじゃないことがバレバレな興ざめ写真ですみません。
深夜にもてぎに着いてそのまま車中泊。
からの~

 

 

無料シャトルバスを使って場内ホテルの温泉へ。
遠足みたいで楽しいな♪
温泉施設は世界のVIPを迎え入れるホテルだけあって、
それほど広くはないけれどとっても清潔で快適で、
気持ちのいい朝風呂でした。
ホテルの玄関先には出待ちの人だかりができていて、
世界選手権に来た実感にぞわぞわしつつ、
私はもちろん、ACE CAFEブースへ!

 


▲温泉のあとの水分補給♡

 

ファッションと書籍とバイク、音楽。
モーターカルチャー一色の空間がとっても心地いい~。
降り止まぬ雨から逃れるように、お客さんがひっきりなしに。

 


▲また会えたね、8耐マシン!
あとマネキンくんが着ているジャケット、わたしもひとつ前の型を愛用してます。
あったかいんだよね~♪♪

 


▲英国つながりで、トライアンフの車両展示とアパレル販売も。
2019年からMoto2クラスにおいて独占的エンジンサプライヤーとなることが決まっているトライアンフ!

 


▲もちろんTポイントもゲット。
「TカードがENEOSバージョンの女は女子力低め」って言ったのは誰(´艸`*)

 

 

そしてわたしはついに対面したのであります。
世界の頂点を競い合うオトコたち!!…の等身大パネルと(笑)。
後ろの建物にACEロゴとブースの出入口が見えますか?

 


▲まさかセンターを飾れる日がくるなんて!(つなぎを着た気持ちになってみました。)
ちなみにダニファンです♡

 


▲主にお気に入りの選手たちと背比べ。はぁうれしい♡

 


▲ジェラートも食べて、さらにごきげん。

 


▲夜はダニを追いかけ”ダニ活”を満喫☆

 

 

そうして迎えた決勝日はもっと雨…。
土曜の予選は大迫力の音に包まれつつ、ちょっと空いている見晴らしのいいポイントから
生で観ることができたのですが、

 

 

日曜日、同じポイントに行ったらあれよという間に人混みに負けて押し出され(泣)、
背伸びしてもジャンプしても人の後頭部しか見えないので(大泣)、
闘うオトコたち(のパネル)が待つ、あの広場へ!

 

 

いえーーーい! ある意味、特等席!!
パオーーーン!な排気音はここにも届くので、ここに居座り応援することに決めました☆
この空き具合なら傘を差していられるし。
(レース観戦に傘は不適切と学ぶ○△歳の秋。)

 

がみー!!(来年はいよいよMoto2からMotoGPへ!)

 

ドヴィ様~!!(優勝争いのためマルクの前へ出たいところ!)

 

こんなシャバッシャバなレインコンディションの中で、
転ばずにマシンを操れること自体が神業なのに、
駆け引きし合って、抜きつ抜かれつ!!
その超人的テクニックに会場中が湧きました!!
「フォーーー!!」とか「ひえ~~~!!」とか、
叫ばずにいられなくなってるお一人様女子。
そして、熾烈な戦いを終えてたたえ合う選手たち。
しびれました。
オトコたちにはもちろん、
こんな素晴らしい世界最高峰の戦いを支えている最先端のバイクメーカーが
日本には3つもあること、そして戦いの場があることにも!
そんな誇らしい国に生まれたことにも!

 

いやはや、夏の8耐といい、MotoGPといい、
今年は代表的なロードレースを生で体感できたメモリアルイヤーとなりました。
そしてわかったことは、
ルールとか歴史とか、難しいことは後回しでいいってこと。
興味のあるバイクやレース、気になるライダーがいるなら、
とりあえず見に行ってしまえばいいんですね。
知識は後からついてくるものだし、
楽しみ方は人それぞれなので。
少なくともわたしの場合は、ACE CAFEとの出会いがなければ
体感することが、いつかあったにしてもまだまだ先のことだったのだろうと思います。
ACE CAFEさんありがとう!
だから長ーくなってしまったレポートですが許してくださいね(笑)。
あ、レースのハイライトや結果はこちらをどうぞ。

 

~~~~~~~~~~

 

 

初体験を満喫されたご様子のコバユリさん、レポート、ありがとうございました!
ご来店いただいたみなさまにも、改めて御礼申し上げます。

 

 

ブースの撤収が終わり、今年のビッグイベントもこれにてほぼ完了。
安堵感と一抹の寂しさが交錯…した次の瞬間には、来年のことをあれこれ考えワクワクしているスタッフ一同でした!

「Trans Map Racing・TEAM長野 with ACE CAFE」ライダー紹介

「2017 FIM世界耐久選手権シリーズ “コカ·コーラ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース」、略して8耐は、今年で開催40回目。このような節目に、このようなかたちでレースシーンに関われる幸運をACEスタッフ一同しみじみ噛み締めております・・・。
ここで、ACE CAFEがサポートする「Trans Map Racing・TEAM長野 with ACE CAFE」のライダーを紹介いたします!

●大石正彦 選手(ニックネーム:チコ)

1984年、静岡県生まれ、在住。水瓶座、O型。
2007年に全日本選手権ランキングST600クラスで12位をマークしたのち、資金難のため夢半ばにしてプロレーサーを諦め競技の第一線から退く。しかし、Trans Map Racingが目指す「若い人材を求める企業と、企業のサポートを求める若きスポーツマンとのコラボレーション」のモデルケースとして8年ぶりにレース復帰。株式会社木佐森の正社員としてトラックドライバーを勤めながら、夢の実現へ向けて再び闘志を燃やす!
・好きな食べ物:からあげ、麺類
・好きな音楽:レゲエ
・座右の銘:雲外蒼天

【レース戦歴】
1998年 鈴鹿選手権GP125(アマチュア)ランキング2位
1999年 国際ライセンス昇格(プロクラス)、エリアGP250 年間チャンピオン
2000年 全日本GP250 年間ランキング20位
2005年 全日本ST600クラス 年間ランキング19位
2006年 全日本ST600クラス 年間ランキング16位
2007年 全日本ST600クラス 年間ランキング12位
全日本選手権(プロクラス)最高順位7位
2015年 レース復帰
2016年 Trans Map Racingエースライダーとして出場、39位完走

 

●木佐森大介 選手(ニックネーム:大ちゃん)

1969年、静岡県生まれ、在住。射手座、B型。
運送会社「株式会社木佐森」の代表取締役。会社経営の傍らレース活動を続け、「若い人材を求める企業と、企業のサポートを求める若きスポーツマンとのコラボレーション」の実現の場として2015年に「Trans Map Racing」を結成。オーナー兼ライダーとしてチームを勝利へと導く!
・好きな食べ物:スパゲティ
・好きな音楽:ドリカム・ミスチル・B’z
・座右の銘:天から見下ろせば皆同じ

【レース戦歴】
1987年 ロードレース関東選手権 125ccクラス参戦
1991年 ロードレース関東選手権 SP250参戦
2001年 ロードレース関東選手権 ST600参戦、鈴鹿4時間耐久オートバイレース参戦(マシントラブルのためリタイア)
2002年 鈴鹿4時間耐久オートバイレース 29位
2008年 ロードレース関東選手権ランキング15位 国際ライセンスに昇格
2014年 鈴鹿8耐 53位完走
2015年 鈴鹿8耐 32位完走
2016年 鈴鹿8耐 39位完走

 

●櫻山茂昇 選手(ニックネーム:mosyo)


1980年、長野県生まれ、在住。獅子座、AB型。
長野県公務員として勤める傍らレース活動を続ける。元全日本選手権ランキング14位(2010 GP2クラス)。自身のレース活動を生まれ育った長野県のために役立てたいと、「長野の魅力を8耐から世界へアピール」をコンセプトに、同志3名で今春「TEAM長野」を立ち上げる。愛する故郷のために走る!
・好きな食べ物:お寿司
・好きな音楽:L’Arc~en~Ciel
・座右の銘:為せば成る、為さねば成らぬ何事も

【レース戦歴】
2000年 ミニバイクレースに参戦開始。同年榛名4耐優勝。
2001年 モトチャンプ杯北関東ミニバイクレース榛名大会第3戦優勝。
2002年 ヤングマシン杯榛名大会第1戦優勝。同7時間耐久レース優勝。ロードレースにステップアップ。
2003年 筑波選手権GP125クラス参戦。
2004年 筑波選手権ST600クラス参戦。
2005年 筑波選手権第5戦優勝。7時間耐久ロードレース7位。
2006年 国際ライセンスに特別昇格。全日本ロードレース選手権ST600クラスにスポット参戦。もてぎオープン7時間耐久ロードレース7位入賞。
2007年~2009年 全日本ロードレース選手権ST600クラスフル参戦。
2010年 全日本ロードレース選手権ST600、J-GP2クラススポット参戦。GP2ランキング15位。活動休止。
2011年 全日本ロードレース選手権ST600クラススポット参戦。イーストエリアST600耐久選手権第4戦2位。
2015年 トランスマップレーシング第3ライダーとして鈴鹿8耐初出場。

さて、暑さみなぎる鈴鹿でどんなバトルを見せてくれるでしょうか!
みなさん!!
この3名のアツいライダーをぜひ一緒に応援してくださいっ!!

「Trans Map Racing・TEAM長野 with ACE CAFE」鈴鹿8耐出場決定!!

四国から関東甲信まで、一斉に梅雨入りした昨日。
これから少しの間、バイク乗りにはもどかしい季節になりますが、
その先にある楽しみといえば、ギラギラの夏。
夏といえば?
そうです!!
バイクの祭典、鈴鹿8耐!!
あのアツイ鈴鹿へ、今年はACE CAFEも盛り上げ役として初参戦します!!

はい、鈴鹿にて、初めて出店させていただきます!!
それと同時に、チームのサポートにも入ります。
応援するのは…

「Trans Map Racing・TEAM長野」

 

 

Trans Map Racing」とは、静岡県の運送会社が中心となって結成、今年3年目の参戦を果たすプライベートチーム。レース参戦を通じて静岡県を元気にすること、また運送業界のPRによって若手の人材獲得と知名度向上を目指しています。

一方「TEAM長野」は、世界中が注目する鈴鹿8耐への挑戦を通じて、県の魅力を世界へアピールすることを目的に今春結成。長野県、小諸市、長野市からも後援を受け、当初3人だったメンバーも今は15名になり、地域密着型の地道なPR活動を続けています。

この、”地域活性化”という共通の使命に燃える2つのチームが、今年8耐でともにゴールを目指します。それが、

 

「Trans Map Racing・TEAM長野」!!

 

ACE CAFEは、この熱き複合チームを全力でサポートしています!!

 

▲2月、TEAM長野の拠点である小諸市の「懐古園」にて出陣式をトータルプロデュース。その様子は雑誌にも掲載されました。

 

▲3月の東京モーターサイクルショーでは、TEAM長野のレースマシン「SUZUKI GSX-R1000 ACE Ver.」を展示。またチームのみなさまにはブースを長野県PR活動の場としてご利用いただきました。

 

 

▲5月に長野県小諸市「アサマ2000パーク」で開催された「浅間ヒルクライム2017」でもレースマシンを展示。ライダーの櫻山茂昇氏自ら出走したヒルクライムも大いに注目を浴びていました。

 

わたくしたちACE CAFEは、このチームを応援することで、日本の、そして海を越えた、モーターカルチャーの促進に寄与していきたいと思っています。

 

みなさんもぜひこの夏は、鈴鹿8耐で「Trans Map Racing・TEAM長野 with ACE CAFE」を応援してくださ~い!!