「MotoGP」出店&体験レポート

先日お知らせしましたとおり、先週末はツインリンクもてぎにて「MotoGP 第15戦 MOTUL日本グランプリ」に出店してまいりました!

 

 

あいにくの雨模様…。
気温も上がらず肌寒い幕開けとなりましたが、ACE CAFEブースは屋内のため暖房完備に加え、みなさんご存知、蔦屋書店さんも出店というホットな内容でオープン!

 

 

 

 

ひと息つける休憩スペースもご用意しました。
蔦屋書店さんの本をこちらでお読みになるお客様や、歩き疲れてぐったりする人(笑)、「ぼくはレースには興味がないので」と、お父さんとは別行動で一人ゲームに没頭する少年(!)など、入れ替わり立ち代わりな人間模様も楽しい一角。

 

 

 

フォーミュラドライバーを夢見るバット君もご来店!(着れるのか!?)

 

 

談笑中のグループの中に、ライフスタイルエッセイストの小林夕里子(コバユリ)さんを発見!
鈴鹿8耐のとき、”TransMap Racing TEAM長野 with ACE CAFE” のFacebookでパドックから楽しい密着レポートを届けてくださいました。
聞けば8耐と同じくMotoGPも生で観るのは初めてとのこと。
それでは!と、歩き回れないスタッフの代わりにレポートをお願いしちゃいました!
コバユリさん、無茶ぶりすみません…よろしくおねがいします!

 

~~~~~~~~~~

 

ACEファンのみなさまお久しぶりでございます!
8耐の密着レポートでは大変お世話になりました。
「やっぱりレースは生で体感するのが楽しい!」と、
蜜の味を知ってしまったわたくしは、
秋雨の中ツインリンクもてぎにやってまいりました。
MotoGPはここ数年、録画して欠かさず観てはいるものの
生で観戦したことはなかったので、
ACE CAFEさんも2年ぶりに出店されることですし(おめでとうございます☆)、
ブースではあの8耐マシンの展示もあると聞き及び、
仕事をやっつけたフライデーナイト、そのまま高速に乗りいざ出陣!

 

 

と、いきなりバイクじゃないことがバレバレな興ざめ写真ですみません。
深夜にもてぎに着いてそのまま車中泊。
からの~

 

 

無料シャトルバスを使って場内ホテルの温泉へ。
遠足みたいで楽しいな♪
温泉施設は世界のVIPを迎え入れるホテルだけあって、
それほど広くはないけれどとっても清潔で快適で、
気持ちのいい朝風呂でした。
ホテルの玄関先には出待ちの人だかりができていて、
世界選手権に来た実感にぞわぞわしつつ、
私はもちろん、ACE CAFEブースへ!

 


▲温泉のあとの水分補給♡

 

ファッションと書籍とバイク、音楽。
モーターカルチャー一色の空間がとっても心地いい~。
降り止まぬ雨から逃れるように、お客さんがひっきりなしに。

 


▲また会えたね、8耐マシン!
あとマネキンくんが着ているジャケット、わたしもひとつ前の型を愛用してます。
あったかいんだよね~♪♪

 


▲英国つながりで、トライアンフの車両展示とアパレル販売も。
2019年からMoto2クラスにおいて独占的エンジンサプライヤーとなることが決まっているトライアンフ!

 


▲もちろんTポイントもゲット。
「TカードがENEOSバージョンの女は女子力低め」って言ったのは誰(´艸`*)

 

 

そしてわたしはついに対面したのであります。
世界の頂点を競い合うオトコたち!!…の等身大パネルと(笑)。
後ろの建物にACEロゴとブースの出入口が見えますか?

 


▲まさかセンターを飾れる日がくるなんて!(つなぎを着た気持ちになってみました。)
ちなみにダニファンです♡

 


▲主にお気に入りの選手たちと背比べ。はぁうれしい♡

 


▲ジェラートも食べて、さらにごきげん。

 


▲夜はダニを追いかけ”ダニ活”を満喫☆

 

 

そうして迎えた決勝日はもっと雨…。
土曜の予選は大迫力の音に包まれつつ、ちょっと空いている見晴らしのいいポイントから
生で観ることができたのですが、

 

 

日曜日、同じポイントに行ったらあれよという間に人混みに負けて押し出され(泣)、
背伸びしてもジャンプしても人の後頭部しか見えないので(大泣)、
闘うオトコたち(のパネル)が待つ、あの広場へ!

 

 

いえーーーい! ある意味、特等席!!
パオーーーン!な排気音はここにも届くので、ここに居座り応援することに決めました☆
この空き具合なら傘を差していられるし。
(レース観戦に傘は不適切と学ぶ○△歳の秋。)

 

がみー!!(来年はいよいよMoto2からMotoGPへ!)

 

ドヴィ様~!!(優勝争いのためマルクの前へ出たいところ!)

 

こんなシャバッシャバなレインコンディションの中で、
転ばずにマシンを操れること自体が神業なのに、
駆け引きし合って、抜きつ抜かれつ!!
その超人的テクニックに会場中が湧きました!!
「フォーーー!!」とか「ひえ~~~!!」とか、
叫ばずにいられなくなってるお一人様女子。
そして、熾烈な戦いを終えてたたえ合う選手たち。
しびれました。
オトコたちにはもちろん、
こんな素晴らしい世界最高峰の戦いを支えている最先端のバイクメーカーが
日本には3つもあること、そして戦いの場があることにも!
そんな誇らしい国に生まれたことにも!

 

いやはや、夏の8耐といい、MotoGPといい、
今年は代表的なロードレースを生で体感できたメモリアルイヤーとなりました。
そしてわかったことは、
ルールとか歴史とか、難しいことは後回しでいいってこと。
興味のあるバイクやレース、気になるライダーがいるなら、
とりあえず見に行ってしまえばいいんですね。
知識は後からついてくるものだし、
楽しみ方は人それぞれなので。
少なくともわたしの場合は、ACE CAFEとの出会いがなければ
体感することが、いつかあったにしてもまだまだ先のことだったのだろうと思います。
ACE CAFEさんありがとう!
だから長ーくなってしまったレポートですが許してくださいね(笑)。
あ、レースのハイライトや結果はこちらをどうぞ。

 

~~~~~~~~~~

 

 

初体験を満喫されたご様子のコバユリさん、レポート、ありがとうございました!
ご来店いただいたみなさまにも、改めて御礼申し上げます。

 

 

ブースの撤収が終わり、今年のビッグイベントもこれにてほぼ完了。
安堵感と一抹の寂しさが交錯…した次の瞬間には、来年のことをあれこれ考えワクワクしているスタッフ一同でした!

「浅間ヒルクライム2017」レポート

 

全国的に晴れ間が広がった先週末。
みなさん、どちらへ走りましたか?
ACE CAFE JAPANは、先日ブログでお知らせした通り、
長野県小諸市の高峰高原で開催された国内最大規模の公道ヒルクライムイベント、
浅間ヒルクライム2017」に出店、出走してきました!!

 

 

会場の「アサマパーク2000」にはメーカーや飲食ブース、出走車両がズラリと並び、
朝早くから観客のみなさんがブース巡りやお買い物を楽しまれています。
こちらは、主に四輪関連ブースが並ぶエリア。
二輪ブースはこんな感じでした!

 


 

ACE CAFEブースはこちら!
オープンと同時に!レジの電源を入れるより速く!沢山の方がお越しくださいました。


▲鈴鹿8耐への参戦が決まったばかりの「チーム長野」様の出走車両「SUZUKI GSX-R1000 ACE Ver. 」!
走行前のタイヤ交換は移動パドック状態で、見ていた方も楽しめたのでは!

 

▲北軽井沢のペンション「花闊歩」様の出走車両「ACE CAFE MINI RACER ASAMA spl.」!
ドライバーはオーナーの岡村さま。

 

▲雑誌「カスタムバーニング」様からの出走車両「YAMAHA SR500 ACE CAFE spl.」!

 

▲「トライアンフ横浜港北」様からの出走車両、「TRIUMPH STREET TRIPLE RS ACE Ver.」!

 

TRIUMPH様ブースには「THRUXTON-R ACE CAFE RACER」が展示!

 

きれいなおねえさんたちも大活躍!

▲メインステージのMCを務められたのは、ACEの最新カタログにもご登場いただいている、
世界で活躍するコスプレイヤーの雅南ユイさんと砂月馨(ケイさん!

 

 

▲カラダよろこぶエネルギー「GO&FUN」から由依栞里さんも遊びに来てくれました!

 

VIBES FOXのみなさんも!

 

そのほか、ブースにお立ち寄りいただいたみなさま、
誠にありがとうございました。

 

そして、小諸市から高峰高原へ駆け上がる約11kmの豪快なワインディングロード、
チェリーパークラインでのおよそ150台のレース&クラシックマシンの走行シーンは大迫力!!
たった今、オフィシャル画像が少しだけ入手できました!!

 

 

とってもレアなクラシックカーから最新のスポーツマシンまで、
とにかくバラエティーに富んだ希少車が一同に集う「浅間ヒルクライム」。
乗り物好きなら大興奮間違いなしのイベントを、見逃すなんてもったいない!!
ということで、オフィシャル写真が公式ウェブに上がったら、またお知らせいたします。

カフェレーサーってどんなバイク?

モーターサイクル系の雑誌やウェブサイトで、この言葉を見ない日はないというくらい、数年前から世界的に盛り上がりを見せるジャンルといえば、「カフェレーサー」。
そもそもオートバイカスタムのひとつの手法ですが、バイクメーカーからもそのコンプリート車両がリリースされるなど、カフェレーサーブームはしばらく続きそうですね。
でも、「ビキニカウルつけてセパハンにすればカフェレーサーになる?」
と、その歴史的背景のことはあまり知られていないかもしれません。
実はカフェレーサーとACEとは、切っても切れない関係なんです。
ときは1950~60年代。イギリスでは、社会情勢の煽りを受けて、職に就けない若者が溢れました。
彼らは反大勢をかかげて、生き方を模索するように様々なカルチャーに手を出します。
そのひとつであり、彼らの多くが情熱を傾けた乗り物がオートバイでした。
そして、溜まり場となったカフェの中でも唯一の24時間営業だったACE CAFE LONDONに、たくさんのライダーが集まるようになりました。

情熱のやり場を求めるように、彼らはジュークボックスにコインを入れてその音楽が終わるまでに誰が一番早く戻ってこられるかを競う公道レースをするようになります。当然、勝てるマシンにしようと自分の愛車をカスタムします。とにかく速さと旋回性を求めて。乗り心地は二の次。力強いハイコンプエンジンや、風の抵抗を最小限にするためのローポジション、存在感たっぷりの大音量マフラーなどを組み合わせた、ユニークなスタイルが生まれました。いつしかこれらのバイクは「カフェレーサー」と呼ばれるようになり、ACE CAFEはロッカーズと呼ばれる若者とカフェレーサーで溢れかえるようになったのです。

 

歴史が分かると、俄然興味が沸いてきますよね!
自分だけのオリジナルを作り上げるもよし、
乗り心地も確保された最新のカフェレーサーを奮発しちゃうもよし。
ウェア選びも輪をかけて楽しくなること間違いなしです!

浅間ヒルクライム2016参戦記1

5月28日、29日に行われた一般公道を閉鎖して行われるモータースポーツイベント
【浅間ヒルクライム】に我々ACE CAFE LONDON MOTOR LIFE GEAR TEAMは、カフェレーサースタイルにカスタムした91年式のジョンクーパーMINI【ACE MINI RACER ASAMA spl.】にて参戦いたしました!

NY2_6136

前回10月に行われた姉妹イベント【浅間モーターフェス】でデビューした【ACE MINI RACER ASAMA spl.】
今回はその経験を生かし更なるチューニングを施し準備は万全!

IMAG1300

・・・と思いきや、開催二日前にタイヤに亀裂が入ってしまい大慌て!!
ちょっと嫌な予感www
しかし、何とか前日の夕方にタイヤが間に合い何とか交換作業しほっと一息。。。

13312862_1725797497701601_2126313066629866260_n

イベント前日は若干雨に見舞われましたが、本番では嘘の様な快晴!最高のイベント日和となりました!
今回は【From UK】と題しまして、イギリスモーターカルチャーの雰囲気を演出すべくTriumph Japan様Royal Enfield様
弊社とコラボ商品を企画させていただいているCasio計算機様に御協力をいただき素敵なブースを作る事が出来ました!

13307281_1725351451079539_3113126752057989864_n

さあ!準備も完璧!
後はドライバー岡村の気合と根性で頑張るだけ!
しかし、そこは何が起こるか分からないモータースポーツ。。。

しかも標高2000mの高地。。。
やはり何かが。。。。

続きは次回「浅間ヒルクライム参戦記2」にて!

2015.3.26 ファイナンシャルタイムズ紙でトライアンフエースモデル特集

ft 9nsight

2015年3月26日発行のファイナンシャルタイムズでトライアンフとエースのコラボモデルの特集記事が掲載。

日本の日経新聞に相当するイギリス経済新聞紙「ファイナンシャルタイムズ」のライフスタイルを紹介する”INSIGHT”コーナーで、トライアンフが世界的に展開しているTriumph Thruxton Ace 900(トライアンフ スラクストン エース 900)が特集されました。

これまで多様なパブリシティーを得てきたエースカフェですが、お堅い経済紙にまで特集されるのは、トライアンフのブランド力はもちろんの事、エースカフェの求心力や存在力の大きさを物語っているのではないでしょうか?

triumph

 

 

 

カルト・オブ・ザ・カフェレーサー | エースカフェ 動画

caferacer-moto

今も昔も変わることのないカフェレーサーへの情熱が詰め込まれたムービーです。

エースカフェ復興の立役者であり、エースのシンボル的存在であるマーク・ウィルスモア氏のインタビュー映像も貴重です。(英語のみ)

製作: Red Button Films Manchester & Ace Cafe London. Spring 2008

ACE 1200CR STREET SPECIAL カフェレーサー カタログと仕様

ace 1200cr

2013年10月 Ace Cafe Londonが、創立75周年記念仕様として『ACE 1200CR STREET SPECIAL』を発表。

イギリスとアメリカの技術の結晶とも言えるカフェレーサーが誕生!

アメリカの原動力ハーレーダビッドソンSportster 1200エンジンとイギリス発祥のカフェレーサーの象徴であるフェザーベッドフレーム(T45カーボンマンガンチューブ)を組み合わせて、正に両国のバイクの英知とスタイルがコンバインした美しさを誇っています。

Engine

Type: air cooled 45 degree V-twin
Capacity 1200cc
Bore/stroke: 3.5 inches / 3.812 inches
Compression Ratio 9.5:1
Fuel system: carburettor size Super E

Transmission

Gearbox – 5-speed

ratios:
1st at 10.407
2nd at 7.436
3rd at 5.53
4th at 4.583
5th at 3.93

Vital Statistics

Weight 385lbs 12.944oz
Height to seat 2ft 6″
Length 4ft 8.75″

Power 78bhp at 5200rpm
82lb ft torque at 4000rpm

Tyres

Front Metzeler 110/70/17
Rear Metzeler 150/70/17

acelogopng-smACE 1200CR STREET SPECIAL (.pdf)