「Johnny Pandora」が今秋、CDを全国リリース!

 

昨年のヨーロッパツアーのPV配信が始まり、一ヶ月後にはアジアツアーを控え、ファーストアルバムのリリースも決まって、ますますHOTなロックンロールバンド ”Johnny Pandora”!!
ついにアルバムの詳細が公開されました。
以下、Johnny PandoraのFacebookより。

====================

Johnny Pandoraが世界に向けて発射する渾身のロックンロールアルバム『ROCK ME BABY』のリリースが決定!!全9曲入り。EISIN RECORDSより今秋全国発売開始!(7.21をはじめツアー各地では限定先行販売いたします) <中略> 平成生まれ、昭和育ち。俺の二十代のロックンロール全てをココに捧げます。

====================

ジョニーをデビュー当時から支えている横浜銀蝿 Takuさんによる書き下ろしナンバー『The Chase』も収録されているとのこと!! 待ち遠しいですね!!

 

先日、香港で活躍するロカビリースター、Johnny Lau氏の招待で香港へ舞い降りたジョニー。
香港といえば、美しい夜景や、日本人の味覚にも合う食などで言わずと知れた人気の観光地ですが、エンターテイメントも世界レベルです。
いったいどんなことを吸収して帰ってきたのでしょうか。
見ているこちらがワクワクしてしまいます!
これからの動向もCheck it out !!

 


Photographed by ”Ben Lee”

 

 

今回ACE CAFE JAPANから衣装提供したTシャツはこちら:
写真上:【 MotoGP x ACE CAFE LONDON Tシャツ ブラック ¥2,900(税別)※WEB限定販売
写真下:【 Tシャツ ACE CAFE LONDON ADDRESS ホワイト ¥4,600(税別)

 

★☆★☆★☆★☆★☆★

 

【 鈴鹿8時間耐久ロードレース「TransMapRacing TEAM長野 with ACE CAFE」応援グッズ 】発売中!!

 

 

「Trans Map Racing TEAM長野 with ACE CAFE」の鈴鹿8時間耐久ロードレース出場を記念してプレミアム応援グッズを限定発売!! 鈴鹿8耐40周年記念ロゴとTEAMのオフィシャルスポンサーであるACE CAFE LONDONのロゴが入ったスペシャル仕様。 応援グッズの売り上げの一部はTEAMの運営資金とさせていただきます!みんなで一緒に応援しよう!!

「鈴鹿8耐」ACE CAFEブースで特別車両を展示します!

Photography Hiromu Inoue

去る5月に開催されました、日本最大の公道ヒルクライムイベント「浅間ヒルクライム2017」で、
4台のACE車両が高峰高原を駆け抜けました。
そのラインナップの中から、こちらのマシンが、
鈴鹿8耐BASE内に出店するACE CAFEブースに登場予定です!!

 

 

「YAMAHA SR500 ACE CAFE spl.」!!
雑誌「カスタムバーニング」様と協力各社様による超絶Coolなカフェレーサーです!!

 

「SR500? 400なら知っているけど…」
というかたもいらっしゃるかもしれませんね。
SR500は、SR400と同じく1978年にリリースされ、
中型免許で乗れるSR400の人気の陰に隠れながらも、
ビッグシングルの定番として1999年まで販売されていたロングセラーモデルです。
今もマニアの間では根強い人気を博す希少価値のあるこの絶版車を、
レース車両としてカスタムするために所有していた弊社が、
ご縁あってカスタムバーニング様にこれを提供。
協力企業様によりオリジナルペイントやフレーム加工などがほどこされ、
勝負マシンとして完成したのが”ACE CAFE Special” !!

 

 

「YAMAHA SR500 ACE CAFE spl.」には、下記のカスタムパーツを使用し、塗装や加工が施されています。

■ボディパーツ
マークⅠタンク(AAA製)
マチレスタイプビキニカウル(AAA製)
レーシングアンダーカウル(AAA製)
オーバルゼッケンプレート(キジマ製)
オールペイント(TM-GARAGEによる施工)
外装フィッティング(K-CROSSによる施工)
オイルキャッチタンク(AAA製)

■ステアリング&ステップ
セパレートハンドル(デイトナ製)
トップブリッジ(デイトナ製)
OVERバックステップ改(AAAによる施工)

■エンジン
セミレーシングマフラーカーボンサイレンサー(AAA製)
京浜FCR39φレーシングキャブレター
KEDO製ツインオイルライン(デイトナ)
KEDO製オイルフィルターカバー(デイトナ)
KEDO製デイスティック油温計(デイトナ)
KEDO製オイルフィルタカバー(デイトナ)
KEDO製強化オイルポンプ(デイトナ)
KEDO製ジェネレーターカバー(デイトナ)
クラッチケースカバーポリッシュ(K-CROSSによる施工)
スプロケットカバーポリッシュ&加工(K-CROSSによる施工)
エンジン全塗装(閃き屋による施工)

■足廻り
タイヤ前後:TT900GP(ダンロップ)
320φブレーキローター(サンスター)
フランド製4ポッドキャリパー(ガルーダ)
フランド製レーシングラジアルマスター(ガルーダ)
デイトナSHOWAリアサスペンション(デイトナ)

■その他
バッテリーレス化
Rレーシングスタンド(アストロプロダクツ製)
フロントレーシングスタンド(アストロプロダクツ製)

========================

車体 AAA
ボディパーツ塗装、カッティング TM-GARAGE
エンジン塗装 閃き屋

 

~協力企業様~(敬称略、順不同)

AAA
キジマ
TM-GARAGE
K-CROSS
デイトナ
閃き屋
ダンロップ
サンスター
ガルーダ
アストロプロダクツ

 

ACEブースに華を添えてくれること間違いなしのカフェレーサー!!
間近に見られるこのチャンスをぜひお見逃しなく。
みなさまのお越しをスタッフ一同心よりお待ちしています!!

 

 

 

【 鈴鹿8時間耐久ロードレース「TransMapRacing TEAM長野 with ACE CAFE」応援グッズ 】発売中!!

 

 

「Trans Map Racing TEAM長野 with ACE CAFE」の鈴鹿8時間耐久ロードレース出場を記念してプレミアム応援グッズを限定発売!! 鈴鹿8耐40周年記念ロゴとTEAMのオフィシャルスポンサーであるACE CAFE LONDONのロゴが入ったスペシャル仕様。 応援グッズの売り上げの一部はTEAMの運営資金とさせていただきます! みんなで一緒に応援しよう!!

「鈴鹿8耐」とは?FINAL

来月の鈴鹿8耐に向けて、勉強中のスタッフMが、
またまた新しい発見をしたようです。

=============

こんにちは! 鈴鹿8耐に向けて勉強中のスタッフMです!
先週、今年の8耐がFIM世界耐久選手権の最終戦にもなっていることを知り、
その歴代優勝チームについてWiki先生に聞いてみて、ブッ飛びました。
スズキの圧勝じゃないっすか!
過去10年を辿ってみても、うち8勝がスズキ!!
スズキすごい!!
僕ら「TransMapRacing TEAM長野 with ACE CAFE」のマシンもスズキだと思うと震えます。
われらがSUZUKI GSX-R1000 ACE Ver.!!
ライダーのチコさん、大ちゃんさん、モショーさん!!
がんばってくださーい!!

 

そのほか、暇さえあれば「8耐」でググる僕ですが、
やっぱり餅は餅屋、8耐は鈴鹿サーキットのホームページっすね!
あらゆる情報がとてもわかりやすく網羅されているので、
僕みたいなビギナーは必見です。
とくにオススメなのが、「はじめての8耐」というコンテンツ。

 

四コマ漫画で8耐の楽しみ方をマスターできます。
藤原らんか先生リスペクト!
レース以外にも楽しそうなイベントがたっくさんあるんですね~。
イベントというより、お祭り。これはもうバイクレースの”祭典”っすね!!
どこから攻めようか、考えてるだけでめっちゃ楽しいです。
みなさんも、8耐まるごと、思いっきり楽しみましょう!!

 

=============

はい、楽しむのはいいけれど、君には店番というお仕事があるからね…。

そうです、ACE CAFE JAPANはチームのサポートだけでなく、出店もいたします!!
「BASE8耐会場 ライダースビレッジ」では、
メッシュジャケット、バッグ、マグカップ、デカール、キーホルダーなど、
「GPスクエア SUZUKAオフィシャルショップ」では、
「TransMapRacing TEAM長野 with ACE CAFE」応援グッズほか、
吸汗速乾素材のTシャツやポロシャツ、メッシュキャップなどを販売予定です。
応援グッズの売り上げの一部はTEAMの運営資金とさせていただきます。

さぁ、みんなで一緒に応援しましょう!!
ブースにもぜひ足をお運びくださいね。
遊びたくてうずうずしているMに会えるかも?

続「鈴鹿8耐」とは?

来月、初めて鈴鹿8耐を体験するACEスタッフのM。
その後、勉強は進んでいるのでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

こんにちは!
鈴鹿8耐に向けて勉強中のACEスタッフMです。
思えば、初めて泊まりがけのツーリングをした学生時代、
土砂降りの鈴鹿峠を走りながら、
「鈴鹿って、なんか熱いレーサーたちの戦いがあるところだっけなー」
とうっすら思った覚えがあります。
そのくらい、誰でも知っている8耐だけど、
実際のところ、大したことは知らずに大人になっちまった僕にとって、
「はちたい」でググりまくるこのごろは、毎日発見の嵐です!
今、僕の中で一番アツイのは「ルマン式スタート」です。
ホームストレート前に一列に並んだマシンに向かって、
レーサーたちが一斉に駆けて行ってスタートするアレですが、
もともとは4輪のレースで採用されていた方式であることや、
安全性の面で今ではあまり見られなくなったこと、
そんな中でも鈴鹿8耐は、格式あるレースの中では唯一、
ルマン式スタートを採用し続けているのだ!
なんていうことを知った今、
その瞬間の、ビリビリした緊張感を想像してサブイボ立ちまくりっす!
みなさんも本番に備えて、この動画を見て一緒にイメトレしていきましょう!!

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

おいおい、君がイメトレしてどうするの。。。

 

ルマン式スタートに関する正しい基礎知識は、鈴鹿8耐公式ホームページ、
教えて? 鈴鹿8耐!
をぜひごらんくださいね!
そして、
鈴鹿8時間耐久ロードレース「TransMapRacing TEAM長野 with ACE CAFE」応援グッズ
もぜひチェックを!!

 

 

「Trans Map Racing TEAM長野 with ACE CAFE」の鈴鹿8時間耐久ロードレース出場を記念してプレミアム応援グッズを限定発売!!
鈴鹿8耐40周年記念ロゴとTEAMのオフィシャルスポンサーであるACE CAFE LONDONのロゴが入ったスペシャル仕様。 応援グッズの売り上げの一部はTEAMの運営資金とさせていただきます!みんなで一緒に応援しよう!!

鈴鹿8耐とは?

  1. 開催40周年の節目にACE CAFEもチームサポーターとして初参戦します「鈴鹿八時間耐久ロードレース」、通称”鈴鹿8耐”。
    「もちろん知ってはいるけれど、実は詳しいことはあまり…」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
    実際ACEスタッフにも、人生初の8耐を前に目下お勉強中の者が若干名。
    どのくらい勉強が進んでいるのか、聞いてみました。

~~~~~~~~~~~~~~~~

こんにちは!
来月に迫った鈴鹿8耐に向けて勉強中のACEスタッフMです!
鈴鹿8耐は、僕が生まれてくる前、今から約40年前の1978年に始まりました。
今年で40周年。すごいっす!
さらに今年は、「ル・マン24時間耐久ロードレース」などでも知られている
FIM世界耐久選手権のファイナル戦にもなっているそうです!
というのも、昨年来日して鈴鹿8耐を観戦した、世界耐久選手権プロモーターのリベイロ代表が、
鈴鹿の熱狂ぶりに感動して、「選手権の軸に据えようと考えた」そうです。
そんな世界が注目するレースに関われるなんてめっちゃ楽しみです!
それと、やっぱりすごいと思ったのは”ハチタイ”っていう言葉ですかね。
ボスに聞いてみたら、「”鈴鹿8時間耐久レース”は昔から”ハチタイ”と呼ばれていた」って言うじゃないですか。
「ドラクエ」とか「ニコ動」とか、省略語ってわりと平成のカルチャーかと思ってましたけど、
昭和の、しかも80年代にすでに縮めていたなんて、かなり驚きです!
誰がいつごろから言い始めたのか、引き続き調べてみようと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~

 

えー、若干脱線しているようで、大変申し訳ございません…。
ですが、今回がどれだけスペシャルなのかは、伝わったでしょうか!?
来月、特別な夏を、ACE CAFEと一緒に盛り上がりましょう!!

 

鈴鹿8時間耐久ロードレース「TransMapRacing TEAM長野 with ACE CAFE」応援グッズ

「Trans Map Racing TEAM長野 with ACE CAFE」の鈴鹿8時間耐久ロードレース出場を記念してプレミアム応援グッズを限定発売!!
鈴鹿8耐40周年記念ロゴとTEAMのオフィシャルスポンサーであるACE CAFE LONDONのロゴが入ったスペシャル仕様。 応援グッズの売り上げの一部はTEAMの運営資金とさせていただきます!みんなで一緒に応援しよう!!

「Trans Map Racing・TEAM長野 with ACE CAFE」ライダー紹介

「2017 FIM世界耐久選手権シリーズ “コカ·コーラ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース」、略して8耐は、今年で開催40回目。このような節目に、このようなかたちでレースシーンに関われる幸運をACEスタッフ一同しみじみ噛み締めております・・・。
ここで、ACE CAFEがサポートする「Trans Map Racing・TEAM長野 with ACE CAFE」のライダーを紹介いたします!

●大石正彦 選手(ニックネーム:チコ)

1984年、静岡県生まれ、在住。水瓶座、O型。
2007年に全日本選手権ランキングST600クラスで12位をマークしたのち、資金難のため夢半ばにしてプロレーサーを諦め競技の第一線から退く。しかし、Trans Map Racingが目指す「若い人材を求める企業と、企業のサポートを求める若きスポーツマンとのコラボレーション」のモデルケースとして8年ぶりにレース復帰。株式会社木佐森の正社員としてトラックドライバーを勤めながら、夢の実現へ向けて再び闘志を燃やす!
・好きな食べ物:からあげ、麺類
・好きな音楽:レゲエ
・座右の銘:雲外蒼天

【レース戦歴】
1998年 鈴鹿選手権GP125(アマチュア)ランキング2位
1999年 国際ライセンス昇格(プロクラス)、エリアGP250 年間チャンピオン
2000年 全日本GP250 年間ランキング20位
2005年 全日本ST600クラス 年間ランキング19位
2006年 全日本ST600クラス 年間ランキング16位
2007年 全日本ST600クラス 年間ランキング12位
全日本選手権(プロクラス)最高順位7位
2015年 レース復帰
2016年 Trans Map Racingエースライダーとして出場、39位完走

 

●木佐森大介 選手(ニックネーム:大ちゃん)

1969年、静岡県生まれ、在住。射手座、B型。
運送会社「株式会社木佐森」の代表取締役。会社経営の傍らレース活動を続け、「若い人材を求める企業と、企業のサポートを求める若きスポーツマンとのコラボレーション」の実現の場として2015年に「Trans Map Racing」を結成。オーナー兼ライダーとしてチームを勝利へと導く!
・好きな食べ物:スパゲティ
・好きな音楽:ドリカム・ミスチル・B’z
・座右の銘:天から見下ろせば皆同じ

【レース戦歴】
1987年 ロードレース関東選手権 125ccクラス参戦
1991年 ロードレース関東選手権 SP250参戦
2001年 ロードレース関東選手権 ST600参戦、鈴鹿4時間耐久オートバイレース参戦(マシントラブルのためリタイア)
2002年 鈴鹿4時間耐久オートバイレース 29位
2008年 ロードレース関東選手権ランキング15位 国際ライセンスに昇格
2014年 鈴鹿8耐 53位完走
2015年 鈴鹿8耐 32位完走
2016年 鈴鹿8耐 39位完走

 

●櫻山茂昇 選手(ニックネーム:mosyo)


1980年、長野県生まれ、在住。獅子座、AB型。
長野県公務員として勤める傍らレース活動を続ける。元全日本選手権ランキング14位(2010 GP2クラス)。自身のレース活動を生まれ育った長野県のために役立てたいと、「長野の魅力を8耐から世界へアピール」をコンセプトに、同志3名で今春「TEAM長野」を立ち上げる。愛する故郷のために走る!
・好きな食べ物:お寿司
・好きな音楽:L’Arc~en~Ciel
・座右の銘:為せば成る、為さねば成らぬ何事も

【レース戦歴】
2000年 ミニバイクレースに参戦開始。同年榛名4耐優勝。
2001年 モトチャンプ杯北関東ミニバイクレース榛名大会第3戦優勝。
2002年 ヤングマシン杯榛名大会第1戦優勝。同7時間耐久レース優勝。ロードレースにステップアップ。
2003年 筑波選手権GP125クラス参戦。
2004年 筑波選手権ST600クラス参戦。
2005年 筑波選手権第5戦優勝。7時間耐久ロードレース7位。
2006年 国際ライセンスに特別昇格。全日本ロードレース選手権ST600クラスにスポット参戦。もてぎオープン7時間耐久ロードレース7位入賞。
2007年~2009年 全日本ロードレース選手権ST600クラスフル参戦。
2010年 全日本ロードレース選手権ST600、J-GP2クラススポット参戦。GP2ランキング15位。活動休止。
2011年 全日本ロードレース選手権ST600クラススポット参戦。イーストエリアST600耐久選手権第4戦2位。
2015年 トランスマップレーシング第3ライダーとして鈴鹿8耐初出場。

さて、暑さみなぎる鈴鹿でどんなバトルを見せてくれるでしょうか!
みなさん!!
この3名のアツいライダーをぜひ一緒に応援してくださいっ!!

「Trans Map Racing・TEAM長野 with ACE CAFE」鈴鹿8耐出場決定!!

四国から関東甲信まで、一斉に梅雨入りした昨日。
これから少しの間、バイク乗りにはもどかしい季節になりますが、
その先にある楽しみといえば、ギラギラの夏。
夏といえば?
そうです!!
バイクの祭典、鈴鹿8耐!!
あのアツイ鈴鹿へ、今年はACE CAFEも盛り上げ役として初参戦します!!

はい、鈴鹿にて、初めて出店させていただきます!!
それと同時に、チームのサポートにも入ります。
応援するのは…

「Trans Map Racing・TEAM長野」

 

 

Trans Map Racing」とは、静岡県の運送会社が中心となって結成、今年3年目の参戦を果たすプライベートチーム。レース参戦を通じて静岡県を元気にすること、また運送業界のPRによって若手の人材獲得と知名度向上を目指しています。

一方「TEAM長野」は、世界中が注目する鈴鹿8耐への挑戦を通じて、県の魅力を世界へアピールすることを目的に今春結成。長野県、小諸市、長野市からも後援を受け、当初3人だったメンバーも今は15名になり、地域密着型の地道なPR活動を続けています。

この、”地域活性化”という共通の使命に燃える2つのチームが、今年8耐でともにゴールを目指します。それが、

 

「Trans Map Racing・TEAM長野」!!

 

ACE CAFEは、この熱き複合チームを全力でサポートしています!!

 

▲2月、TEAM長野の拠点である小諸市の「懐古園」にて出陣式をトータルプロデュース。その様子は雑誌にも掲載されました。

 

▲3月の東京モーターサイクルショーでは、TEAM長野のレースマシン「SUZUKI GSX-R1000 ACE Ver.」を展示。またチームのみなさまにはブースを長野県PR活動の場としてご利用いただきました。

 

 

▲5月に長野県小諸市「アサマ2000パーク」で開催された「浅間ヒルクライム2017」でもレースマシンを展示。ライダーの櫻山茂昇氏自ら出走したヒルクライムも大いに注目を浴びていました。

 

わたくしたちACE CAFEは、このチームを応援することで、日本の、そして海を越えた、モーターカルチャーの促進に寄与していきたいと思っています。

 

みなさんもぜひこの夏は、鈴鹿8耐で「Trans Map Racing・TEAM長野 with ACE CAFE」を応援してくださ~い!!

「浅間ヒルクライム2017」レポート

 

全国的に晴れ間が広がった先週末。
みなさん、どちらへ走りましたか?
ACE CAFE JAPANは、先日ブログでお知らせした通り、
長野県小諸市の高峰高原で開催された国内最大規模の公道ヒルクライムイベント、
浅間ヒルクライム2017」に出店、出走してきました!!

 

 

会場の「アサマパーク2000」にはメーカーや飲食ブース、出走車両がズラリと並び、
朝早くから観客のみなさんがブース巡りやお買い物を楽しまれています。
こちらは、主に四輪関連ブースが並ぶエリア。
二輪ブースはこんな感じでした!

 


 

ACE CAFEブースはこちら!
オープンと同時に!レジの電源を入れるより速く!沢山の方がお越しくださいました。


▲鈴鹿8耐への参戦が決まったばかりの「チーム長野」様の出走車両「SUZUKI GSX-R1000 ACE Ver. 」!
走行前のタイヤ交換は移動パドック状態で、見ていた方も楽しめたのでは!

 

▲北軽井沢のペンション「花闊歩」様の出走車両「ACE CAFE MINI RACER ASAMA spl.」!
ドライバーはオーナーの岡村さま。

 

▲雑誌「カスタムバーニング」様からの出走車両「YAMAHA SR500 ACE CAFE spl.」!

 

▲「トライアンフ横浜港北」様からの出走車両、「TRIUMPH STREET TRIPLE RS ACE Ver.」!

 

TRIUMPH様ブースには「THRUXTON-R ACE CAFE RACER」が展示!

 

きれいなおねえさんたちも大活躍!

▲メインステージのMCを務められたのは、ACEの最新カタログにもご登場いただいている、
世界で活躍するコスプレイヤーの雅南ユイさんと砂月馨(ケイさん!

 

 

▲カラダよろこぶエネルギー「GO&FUN」から由依栞里さんも遊びに来てくれました!

 

VIBES FOXのみなさんも!

 

そのほか、ブースにお立ち寄りいただいたみなさま、
誠にありがとうございました。

 

そして、小諸市から高峰高原へ駆け上がる約11kmの豪快なワインディングロード、
チェリーパークラインでのおよそ150台のレース&クラシックマシンの走行シーンは大迫力!!
たった今、オフィシャル画像が少しだけ入手できました!!

 

 

とってもレアなクラシックカーから最新のスポーツマシンまで、
とにかくバラエティーに富んだ希少車が一同に集う「浅間ヒルクライム」。
乗り物好きなら大興奮間違いなしのイベントを、見逃すなんてもったいない!!
ということで、オフィシャル写真が公式ウェブに上がったら、またお知らせいたします。